組織・プロフィール

NPO法人 海に学ぶ体験活動協議会(通称CNAC:しーなっく)について

 CNACは、海辺で活動する全国の団体個人が、より多くの皆様に安全に楽しく海辺の活動に参加していただけるよう連携することを目的として2006年に設立されました。豊かで美しい海を次世代へ継承し、持続可能な社会を創造していくためには、多くの人々が海辺の自然を楽しみつつ、海への理解を深め、海辺の環境を保全することの大切さを学ぶことが必要です。このため、「海辺の自然体験活動」を活性化します。
 海辺の自然体験活動を推進する団体および幅広い個人の交流を支援し、海辺の自然体験活動を支える指導者を育成するほか、海辺の自然体験活動を円滑に推進するための調査研究や普及啓発を図り、良好な海辺の環境の保全及び創出に努めます。

CNACパンフレットダウンロード[PDF:1.6MB

組織・役員

■定款・会則

■役員名簿

役職 名前 所属
代表理事 三好 利和
三好利和代表理事
野外教育事業所 ワンパク大学代表

私は瀬戸内海の穏やかな海で泳ぎを覚え、大学生の時に、伊豆七島の三宅島で体験したキャンプリーダーの体験により、海が好きになりました。黒潮に育まれた三宅島の海は青くどこまでも透きとおり、様々な生き物を見ることができ、面白い体験をさせてくれました。また、あるときには台風の接近により、こんなにも大きな波が出来るのかと思うほどの、大荒れの姿も見せてくれました。三宅島は火山の島でもあります。火山と黒潮が作り出した豊かな自然と、そこに生活する人たちから多くのことを学び、子どもたちに伝えてきました。その後、仕事として、三宅島、伊豆大島、三浦半島などの海辺での自然体験活動を実践しています。
日本は周りを海に囲まれた島国です。しかし、現実は「海」から離れた生活が中心となっています。もう一度、「海」から多くのことを学んでみましょう、楽しんでみましょう。きっと、たくさんの新しい発見をすることができるはずです。
今、CNACでは、「仲間」と活動する「フィールド」を求めています。豊かで美しい海を次世代に継承し、持続可能な社会を創造していくために、「海」とともに、一緒に活動しましょう。
副代表理事 神保 清司
神保清司副代表理事
NPO法人 千葉自然学校 南房総エコツーリズム推進事業部長/南房総市大房岬自然の家 所長

千葉県の南房総市富浦町で海と森に囲まれた青少年教育施設を運営しています。学校行事の林間学校や臨海学校、キャンプ活動など年間2万人が訪れる施設です。多くの子ども達は、海に入り多様な海の生き物たちに触れると、目を丸くしながら驚き、歓声を上げます。色鮮やかなウミウシや海藻を身にまとったカニ、黒潮に乗ってくる死滅回遊魚と呼ばれる魚など普段目にすることのない生きものたちの姿や生き様は、自然体験活動の機会に乏しい子ども達に驚愕にも近い感動をもたらしてくれます。ときには、コンビニのビニール袋を詰まらせ溺れてしまい漂着したウミガメに出会うこともあります。私たちの暮らしと海は繋がっていることを実感する瞬間です。もっと多くの人たちに海とのつながりを楽しく安全に「実体験」してもらうお手伝いが出来れば幸いです。
副代表理事 小池 潔
小池潔副代表理事
NPO法人セイラビリティ江の島/マリンオフィス ムーンベイ代表。1961年生まれ。ダイビングインストラクター。2009年より、世界19か国に支部を持つジェーン・グドール インスティテュート(JGI)の日本支部理事長を兼任。

四方を海に囲まれ、多様な海岸線を持つわが国には、連綿と受け継がれているそれぞれの海辺の営みの歴史があります。海辺での感動体験を提供することで、断絶させることなくこれを次世代に繋いで行くことは、海での活動に携わる私たちの責務でもあります。文明と自然との境界域ともいえる海辺が、どのような姿をしていて、どのように人と海を共存させているかということを見れば、その国の民度がわかるような気がします。CNACが、全国各地で様々な分野の海に関わる活動をしている皆さんが活発に交流し、その経験と知識を共有できる場となるよう、お手伝いができればと考えております。
理事 青木 勇
青木勇理事
1947年生まれ。(株)アオキカヌーワークス代表、日本セーフティカヌーイング協会理事、大阪カヌー協会理事、(社)ラフティング協会理事長、他

日本セーフティカヌーイング協会(Japan Safe Canoeing Association >> 略称JSCA)は、我が国における安全なカヌーイングの普及を図り、自然環境との調和的活用を高め、健全な心身の発達に寄与することを目的として設立された民間の団体です。水域をフィールドとした、教育的な成果を求める自然体験活動の高まりは、安全で楽しいパドルスポーツを提供できる「指導員」の要請を急務としています。また、人々に自然のすばらしさや環境の大切さを伝えるカヌーガイドは、社会的にも今後ますます必要とされる「職業」となることでしょう。これら社会のニーズに対応するため、私達はさらなる研鑽を積み、変化してまいります。
理事 伊丹 崇
伊丹崇理事
NPO法人 国際自然大学校 東京校マネージャー

四方を山々に囲まれた四国のど真ん中で生まれ育った私が海の魅力に引きこまれたのは、ちょうど20歳のときでした。それまでは、まったくと言っていいほど海になじみがなかったのですが、あるとき高知県室戸岬でシュノーケリングをする機会がありました。海のなかをのぞいた瞬間、そこにはまさに別世界が待っていました。海岸からたった数メートル先の水の中に、これほどまでの多様な生態系と、刻々と変化する自然が広がっていることに強烈な驚きと感動を受けたことを今でも忘れません。そして海のことを知れば知るほど、不思議で神秘で、そして我々の生活に深く結びついている『海』というものの存在が見えてきました。シュノーケリングに限らず、シーカヤックやヨットはもちろん、ただ海に浮かぶだけでも十分な楽しさと発見や感動を与えてくれる海。そんな素敵な『海』の楽しさを一人でも多くの方が体験し、共有し、そして共に学んで行ける場を創っていきたいと思います。
理事 打矢 繫美 NPO法人 あきた海辺の自然学校会長
理事 海野 義明 NPO法人 オーシャンファミリー海洋自然体験センター代表理事
理事 大塚 英治
大塚英治理事
(株)沿海調査エンジニアリング代表取締役

寒~い北海道でも海遊びができるの?と思われる方もいるのではないでしょうか?北海道約3,000㎞の海岸線には流氷の到達最南端・オホーツク海、豊かな海の恵みを育む太平洋、温暖で透明度が高い日本海の3つのユニークな海があり、流氷ウォーク、サーフィン、ダイビング等が楽しまれています。そして全国漁業生産の約25%を占める水産王国でもあり、おいしい海の幸も楽しむことができます。四季それぞれの海遊びができる北の海と言えます。そんな北の海の魅力を知ってもらいたく「ほっかいどう海の学校」を平成18年に設立し現在活動をしています。海の魅力を地域資源として活用し、環境課題や漁村の活性化等の地域と連動した活動を通して海辺から地域が元気になれることを心がけています。全国の海のプロファッショナルが集うCNACで、ノウハウを共有し日本の海辺が元気になれるよう頑張っていきましょう!
理事 佐藤 茂夫
NPO法人 玄海ライフセービングクラブ副代表理事
理事 菅原 茂菅原茂理事 NPO法人 国際海洋自然観察員協会(PACI)会長

今年度より、CNAC理事にさせていただく菅原茂です。原点は、中学・高校にてワンダーフォーゲル部にて奥多摩をメインに活動。ただし、大学は経済学部。就職先は銀行でした。転機となったのは、43歳で出向し、沼津市淡島水族館・館長に就任したことでした。イルカと生まれて初めて泳ぎ、これをプログラムにしました。島一周のウォークラリークイズ、水族館の展示を地元駿河湾の魚主体に変更、オリジナルグッズの開発など…この仕事はめちゃくちゃにおもしろかったです。49歳で独立。この年、東京コミュニケーションアート専門学校にEco海洋・動物専門コースが新設され、顧問に就任。(現在は大阪、福岡、名古屋、仙台・副校長兼務)。2009年、「全国水族館&フィールドガイドブック」を発刊しました。水族館の館長などにお願いし、若手のスタッフ(インタープリター)に「ひとこと」紹介文を書いていただきました。寄稿いただいた90名のうち、72名(80%)が、教え子でした。
最近は、日本各地や海外など野生のクジラを追って旅をしております。クジラとの出会いも大切ながら、そこで働く教え子の活躍する姿を見るのが、もっとも楽しいです。
今後はCNACの持っている独自のノウハウ・スキルを学び・伝え、さらに業界の発展に寄与できるシステムを向上させていきたいと考えております。
解らないことだらけですが、どうぞよろしく、お願い申し上げます。
理事 鈴木 吉春鈴木吉春理事 環境ボランティアサークル亀の子隊代表

昭和30年 愛知県田原市(旧渥美町福江)に生まれる
昭和52年から平成26年まで愛知県田原市で教員として勤務 小学校では地域にある素材を教材化して授業を進める。
平成8年 総合的な学習として環境教育をすすめる
平成10年 亀山小学校勤務 総合的な学習として「西の浜はゴミ箱じゃない!」を始める。
平成11年 日曜日や夏休みの活動は学と切り離してほしいということで、子どもたちと相談し、「環境ボランティアサークル亀の子隊」を設立。毎月1回行う「西の浜クリーンアップ活動」に加えて。海のよさ・大切さを学ぶための「海の環境を学ぶ会」を実施している。現在に至る。
平成27年7月 渥美で遊び隊を設立 渥美のにぎわい再生を図るために、渥美を訪れた人が海・山・川・農など生かした体験活動ができる個人・団体を集約し始める。
同 10月 亀の子隊として、エコツアーを実施 「渥美を学び、渥美を食べる」と題して、名古屋近郊(伊勢湾上流域)の人たちを対象に、ビーチコーミングと学ぶ会をセットにして始める。
平成28年4月 環境省認定環境カウンセラー(市民部門)資格取得
同 6月 渥美半島環境活動協議会を設立 渥美半島で環境活動をしている団体と協働連携し、渥美半島の環境をよりよくしていくための活動を実施する。
同 7月 CNAC海あそび安全講座インストラクター 資格取得

 将来に渡ってより環境を保持していくためには、保全活動をすすめるだけではなく、多くの人にその地域の環境のよさを知ってもらう必要がある。そのためには、地域の環境のよさを活用している観光とつなぐことが大切であると考える。つまり、多くの観光客に来てもらうためには地域をよりよくしていくことが必要となり、観光業者はもちろん地域の人が意識をしなければならない。ジオパークなどはその一つの例である。
 また、よりよい環境を永続的に保っていくためには、人々の意識が大切となる。そこには、子どものころから自然に接しそのよさや大切さを学ぶことが必要である。その意味では環境教育が果たす役割は大きい。
 亀の子隊として、クリーンアップ活動・環境教育としての学ぶ会・観光とつながるエコツアーなどを進めていきたい。
理事 関口 雄三 認定NPO法人ふるさと東京を考える実行委員会理事長
理事 田中 秀樹 行政書士事務所OFFICE田中 行政書士
理事 千足 耕一
千足耕一理事
東京海洋大学大学院 海洋科学系 海洋政策文化部門教授

東京海洋大学海洋科学系(品川キャンパス)で大学生、大学院生とともに実践活動を展開しながら、教育・研究に携わっています。東京海洋大学では、素潜り(海女)を対象とした研究や教育効果を測定するためのベースとなる海洋リテラシーに関する研究を継続してきました。実践活動としては、大学生を対象とした潜水やカヤックなどを教材とした海洋実習を実施するとともに、沖縄の伝統漁船であるサバニ漕ぎに取り組んできました。
わたしたち日本人が海に触れ、海を感じ、海を理解することが求められている時代となっています。海に学ぶ体験活動協議会(CNAC)は海辺の体験活動指導者のネットワーク組織として、海辺の体験活動の安全で健全な普及に欠かせない存在です。海辺の体験活動に関わる皆様がつながり合い、自分たちの存在をアピールしていくためにも、CNACの発展が重要であると考えています。
理事 森川 雅行
森川雅行理事
(株)不動テトラ執行役員副社長

NPO法人海に学ぶ体験活動協議会は、2006年5月に任意団体として、2007年5月からはNPO法人として活動を開始しています。
私は、2005年8月から1年間、国土交通省港湾局環境整備計画室長として、CNAC設立の準備作業に携わりました。当時既に河川の野外活動に関する団体(RAC)はありましたが、港湾、海岸に関する全国組織は存在しませんでした。海辺で健全な体験活動を普及するためには、どのような仕組みがいいのか月に2回程度のペースで海野前代表理事や海辺づくり研究会の木村さんらと熱心に議論を重ねました。
当時、海からいいものを作るという熱気に満ち、とにかく走りながら考えるということで、2007年1月には代々木のオリンピックセンターで第1回の全国フォーラムを開催しました。1泊2日のプログラム(1日目:全体討議、2日目:分科会)で、全国から100名以上の参加があり、関係者の関心の高さと期待の大きさをひしひしと感じました。
それから10年が経過しました。発足当時、CNACの正会員(団体)は40を超えていましたが、現在は28とさびしくなっています。私は、2009年の国土交通省を退職し、縁あってCNACの理事として4期目を務めています。その間、2011年東日本大震災が発生し、子ども達を中心とした海離れやCNACの会員減少を食い止めようと、再度全国組織としてのCNACのあり方を議論しました。
CNACとして2013年度から3か年計画として「皆で汗かく三つの広げよう運動」(1.活動を広げよう 2.仲間を広げよう 3.感動を広げよう)を展開しました。この間、予備費を取り崩して事業費を拡充し、CNACの活動を活性化しようとするものです。具体的には、海あそび安全小冊子の印刷・配布、体験活動に加え環境教育活動への助成、海辺の環境教育プログラム事例集の作成開始、全国フォーラムの地域での開催(2013横浜、2014豊橋、2015館山)や広報活動の強化、HPの刷新です。
さらに、2016年度から「実践するCNAC三か年計画」をスタートさせています。これは、CNACがこれまで蓄積してきた「海辺の自然体験活動」新たに開発する「海辺の環境教育プログラム事例集」などのノウハウを広範な関係者と共有連携しながらフィールドで実践し、自然体験活動の定着を図ろうとするものです。
全国の海辺の自然体験学習に関係している皆様、CNACのHP(http://www.cnac.or.jp)を訪れ、会報『うみ*にゅう』のアーカイブコラムや全国フォーラムレポートをご覧ください。そこには貴団体の抱えている悩みや発展への糸口のヒントが隠れていると思います。個々で考えるより、皆で考えた方がいい結果につながります。CNACはそのための団体です、是非一度覗いてみてください。
監事 鈴木 覚 (株)MAcS取締役/NPO法人 海辺つくり研究会理事長
監事 染矢 康弘 NPO法人 港湾保安対策機構専務理事
顧問 岡島 成行 公益社団法人 日本環境教育フォーラム 副会長/学校法人 青森山田学園理事長
顧問 鬼頭 平三 一般財団法人 みなと総合研究財団理事長
顧問 近藤 健雄 日本大学理工学部海洋建築工学科特任教授
顧問 佐藤 初雄 NPO法人 自然体験活動推進協議会(CONE)代表理事/NPO法人 国際自然大学校理事長
事務局長 中島 正雄
中島正雄事務局長
一般財団法人みなと総合研究財団主任研究員

みなさんこんにちは。平成20年度から事務局を担当しています中島(なかしま)と申します。
CNACでは、これまで海辺の体験活動の普及のために“安全対策”を中心に「海あそび安全講座インストラクター養成セミナー」や安全小冊子、運営マニュアルの作成をおこなってきましたが、平成25年度からは、「皆で汗かく三つの広げよう運動」に取り組むこととして、これまでの安全対策に加え、あらたに「CNACの考える海辺の環境教育プログラム」に取り組むことといたしました。また、CNAC会員や地域の仲間が集う全国フォーラムを、今までは東京を中心に開催してきましたが、数多く地方で開催することにより、地域の活動団体と連携するなど、仲間を広げていきたいと考えています。
皆様、是非CNACと連携し、海辺の体験活動の輪を広げていきましょう。
事務局 谷 政史 一般財団法人みなと総合研究財団研究員
事務局 港 絢子 一般財団法人みなと総合研究財団研究員

バナーについて

リンクをいただく場合のバナー画像については、左の素材をご利用ください。png(234×67ピクセル) 
■リンク先URL:http://www.cnac.or.jp/ (トップページ)

※バナー画像を保存する場合は、『右クリック』→『名前を付けて画像を保存』を選択し、保存をお願いします。